三つ巴の風俗体験

特別感のある子でした

美人とか可愛いという言葉以上に、札幌風俗の彼女は特別感がありました。自分に自信を持っているからなのかもしれませんが、彼女と遊んでいるだけで男としていろいろなことを刺激されるのが分かりました。風俗に慣れている自分なのに、風俗で遊んでいることで相当ドキドキさせられました。免疫がない訳じゃないと思うんです。自分でもなんであそこまで緊張していたのか良く分かりませんけど、一つだけ言えるのは彼女の醸し出すオーラによって、自分自身、相当緊張したし、気後れに近いものも感じてしまいましたけど、それらがすべて最終的な満足に繋がったのは間違いありません(笑)だからこそ、とっても楽しい時間を過ごすことが出来たという自負もありますし、いろんなことを楽しめただけに、自分の中で風俗の存在がより大きなものに感じました。風俗って相手次第で本当にいろいろな楽しみ方が待っているものなんだなってことに気付かされましたし、やっぱり凄い世界ですよ。

満足したいからこそ、風俗

遊ぶ理由なんて必要ありませんけど、強いて挙げるなら「満足したいから」ですよね。満足したいからこそ、風俗で遊ぶのは間違いないんです。だから相手任せにするだけではなく、自分でどうするのかということをイメージします。特に大切なのが自分との相性ですね。風俗嬢だって人間なんです。こちらが何を思っているのかは、言われなければ分からないものなんです。ちょっとした体の反応だとかで何となく気付いてくれることもありますけど、それもいわば推測ですしね。むしろ風俗嬢の方が相手のことを見ていると思うんですよ。だってこっちはホームページで事前にどんな女の子なのか分かった上で指名出来ますけど相手は向き合うまでどんな御客なのかさえ分からないじゃないですか。しかもご対面した時点で分かるのは顔だけで、どんな性格なのか、どんな性癖なのかはそこから探っていかなければならないんです。だからその「リサーチ」に協力的になることも大切ですよ。